読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大栄翔、初の賜杯に「あんなに重いものとは」…来場所の三役復帰確実に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 24日に行われた大相撲初場所千秋楽で、13勝を挙げて初優勝を果たした大栄翔。表彰式でのインタビューでは、初めて抱いた賜杯について「あんなに重いものだとは思わなかった。びっくりした」と率直に語った。

初優勝を果たし、日本相撲協会の八角理事長(右)から賜杯を受け取る大栄翔(24日、両国国技館で)=森田昌孝撮影
初優勝を果たし、日本相撲協会の八角理事長(右)から賜杯を受け取る大栄翔(24日、両国国技館で)=森田昌孝撮影

 今場所は初日から小結以上の役力士に7連勝するなど、得意の突き押しで横綱不在の土俵を引っ張った。「自信になる相撲がたくさんあった。これからもそういう相撲を取っていきたい」と胸を張った。

 殊勲賞、技能賞も獲得し、来場所の三役復帰は確実となった27歳。今後の目標については「自分のいい相撲が毎日とれるように、これからも頑張りたい」と謙虚に語った。

無断転載・複製を禁じます
1792826 0 大相撲 2021/01/24 18:14:00 2021/01/24 20:44:52 2021/01/24 20:44:52 令和3年大相撲初場所千秋楽 初優勝を果たし、八角理事長(右)から賜杯を受け取る大栄翔関(24日午後5時36分、両国国技館で)=森田昌孝撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210124-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)