読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「こんなに早く、夢のよう」大栄翔を見守り続けた母、初優勝に涙

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大栄翔関の母、高西恵美子さん(58)と兄、一直さん(30)は24日夕、地元・埼玉県朝霞市の中華料理店で後援会の会員らとともに、千秋楽の一番を見守った。

大栄翔関の初優勝を喜ぶ、母の恵美子さん(左)と、兄の一直さん(24日、埼玉県朝霞市で)=吉見光次撮影
大栄翔関の初優勝を喜ぶ、母の恵美子さん(左)と、兄の一直さん(24日、埼玉県朝霞市で)=吉見光次撮影

 勢いのある突っ張りから隠岐の海関を突き出し、初優勝を決めると、店内では「やったー」との声が上がった。恵美子さんは「いずれは優勝してくれると期待していたが、その時がこんなに早く訪れ、夢のよう。よく頑張ったと伝えたい」と涙をぬぐいながら喜んだ。

 大栄翔関は小学1年の時に地元の相撲大会で優勝したのをきっかけに、近くの相撲道場に通い始めた。小学低学年の時には、「(元大関)千代大海みたいになりたい」と将来の夢を作文につづっていた。

 埼玉栄高に進学した際には、母子家庭とのこともあり、一直さんは学費捻出のために大学進学を諦めた。大栄翔関は兄との間で、「けがで相撲ができなくなっても、必ず高校は卒業する」と約束した。

 高校2年までは部内で実力上位になれず、四股や、てっぽうという基礎練習を繰り返した。恵美子さんは「高校で徹底的に基礎を鍛えていただいたおかげで、今の突き押しがある。指導していただいた方々には感謝しかない」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1792960 0 大相撲 2021/01/24 20:31:00 2021/01/25 01:29:44 2021/01/25 01:29:44 大栄翔関の優勝を喜ぶ母・恵美子さん(左)と、兄・一直さん(右)(24日、埼玉県朝霞市で)=吉見光次撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210124-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)