読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

技巧派の名横綱・栃ノ海死去…柏戸や大鵬らとしのぎ削る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大相撲の第49代横綱栃ノ海の花田茂広(はなだ・しげひろ)さんが29日未明、誤嚥ごえん性肺炎で死去した。82歳だった。日本相撲協会が発表した。存命の歴代横綱では最年長だった。告別式は家族葬で行う。

九州場所で優勝し祝杯をする元栃ノ海の花田さん(右)(1963年)
九州場所で優勝し祝杯をする元栃ノ海の花田さん(右)(1963年)

 青森県田舎館村出身。体重100キロあまりの小兵だったが、前さばきのうまさを生かした技巧派力士として活躍し、1964年初場所後、25歳で横綱に昇進。柏戸や大鵬ら名横綱としのぎを削った。幕内優勝は3回で、技能賞6回、敢闘賞1回を受賞した。

 66年九州場所で引退後、春日野部屋付きの中立親方となり、90年1月、当時の春日野親方(元横綱栃錦)の急逝に伴い、春日野部屋を継承。現・春日野親方の元関脇栃乃和歌や元関脇栃乃洋(現・竹縄親方)らを育てた。相撲協会では理事として巡業部長も歴任した。2003年3月に相撲協会を65歳で定年退職していた。

無断転載・複製を禁じます
1805366 0 大相撲 2021/01/29 11:52:00 2021/01/29 12:21:13 2021/01/29 12:21:13 [大相撲]九州場所。優勝し祝杯をする栃ノ海、左は春日野親方 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210129-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)