読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

初場所優勝の大栄翔が小結復帰、翔猿と英乃海は兄弟同時幕内…春場所番付

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪から東京に開催地が変わった大相撲春場所(14日初日・両国国技館)の番付が1日、日本相撲協会から発表された。初場所優勝の大栄翔が3場所ぶりに三役に復帰し、西小結の2番手に就いた。2場所連続関脇の照ノ富士は、大関復帰が懸かる土俵となる。

 ともに4場所連続休場からの復活を目指す両横綱は白鵬が東で、鶴竜は西。白鵬は幕内在位100場所となり、107場所の魁皇に次ぐ大台到達。先場所途中休場の貴景勝は大関カド番となる。再入幕は剣翔、英乃海、大奄美。英乃海は、弟の翔猿との史上9組目の兄弟同時幕内となった。

 新型コロナウイルス関連で初場所を全休した力士は幕内の6人は据え置き、十両の9人は全員が1枚ずつ番付が下がった。

無断転載・複製を禁じます
1875214 0 大相撲 2021/03/01 07:00:00 2021/03/01 10:02:44 2021/03/01 10:02:44

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)