読売新聞オンライン

メニュー

規定違反で休場の朝乃山、大関の地位失う可能性も…出場停止処分なら

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

休場する朝乃山関(19日、両国国技館で)=奥西義和撮影
休場する朝乃山関(19日、両国国技館で)=奥西義和撮影

 大相撲の大関朝乃山関(27)が20日、東京・両国国技館で開催中の夏場所を12日目から休場した。無断外出して日本相撲協会の新型コロナウイルス対策指針に違反したとして、師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)が謹慎させた。

 外出禁止期間である夏場所直前の5月7日深夜に朝乃山関が接待を伴う飲食店を訪れたと20日発売の週刊文春が報道。相撲協会の聞き取りに対し当初、朝乃山関は内容を否定したが、19日夜になって一部を認めた。

 協会は今後、コンプライアンス委員会で調査の上、理事会で処分を検討する。朝乃山関は今場所残りを休場して負け越しとなる見通しで、翌場所はカド番となる。出場停止などの処分が出た場合は大関の地位を失う可能性も出てきた。

無断転載・複製を禁じます
2066419 0 大相撲 2021/05/20 19:34:00 2021/05/20 19:34:00 2021/05/20 19:34:00 休場する朝乃山関(19日、両国国技館で)=奥西義和撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210520-OYT1I50113-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)