読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

無断外出の大関朝乃山、6場所出場停止に報酬6か月50%減額…虚偽報告も厳しく問う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大相撲の大関朝乃山関(27)(高砂部屋)について、日本相撲協会は11日の臨時理事会で6場所出場停止、報酬減額6か月50%の懲戒処分を下した。相撲協会の新型コロナウイルス対策指針に違反して無断外出を繰り返した上、協会に虚偽の報告をした責任が厳しく問われた。異例の長期出場停止により、大関からの陥落が確実となる上、復帰が認められる来年7月の名古屋場所では三段目以下まで番付が降下する見通しとなった。

朝乃山関
朝乃山関

 発表によると、朝乃山関は昨年11月場所前から今年5月の夏場所前にかけ、協会が定めた外出禁止期間中に計10回のキャバクラ通いを繰り返したほか、計3回の会食を行った。

 この指針違反について夏場所中に協会から事情聴取を受けた際には、同行したスポーツニッポン新聞社の記者と口裏合わせをし、治療のために外出したなどと虚偽報告をした。協会のコンプライアンス委員会は「大関としての尊厳を著しく汚した」と指摘。虚偽報告についても「潔さといった大関に求められる品格や、責任の重大さに対する自覚がみじんも感じられない」とした。

 朝乃山関はその後の調査で事実を認め、5月21日付で師匠を通じて引退届を提出した。引退届は八角理事長(元横綱北勝海)預かりとし、今後、協会に迷惑をかける行為を行った場合は受理するとした。

 師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)も監督責任を問われて報酬減額3か月20%の懲戒処分。先代師匠の錦島親方(元大関朝潮)も、外出禁止期間中に家族や知人らとの飲酒を伴う会食に朝乃山関を同席させるなどの指針違反を指摘された。錦島親方は退職願を提出しており、10日付で受理して処分は見送った。

無断転載・複製を禁じます
2118058 0 大相撲 2021/06/11 18:30:00 2021/06/11 22:33:14 2021/06/11 22:33:14 大相撲。日本相撲協会の新型コロナウイルス対策指針に違反し、無断外出していたとして夏場所を休場する大関朝乃山関。両国国技館で。2021年5月20日夕刊「「無断外出」朝乃山が休場 夏場所直前 接待伴う飲食」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210611-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)