読売新聞オンライン

メニュー

朝乃山「今は何も話せません」、ワクチン接種で処分後初めて姿見せる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本相撲協会の新型コロナウイルス対策指針に違反したとして6場所出場停止などの懲戒処分を受けた大関朝乃山が23日、処分を受けてから初めて公の場に姿を見せた。両国国技館でワクチン接種を受けた後、取材に対し「すみません」と頭を下げ、ファンへの謝罪の言葉を述べた。

ワクチン接種で国技館に姿を見せた朝乃山
ワクチン接種で国技館に姿を見せた朝乃山

 現在の状況について朝乃山は「今は何も話せません」としたが、関係者によると高砂部屋での稽古は再開したという。7月4日初日の名古屋場所はカド番で、秋場所は関脇へ転落。復帰が認められる来年名古屋場所では三段目近くまで番付が降下する見通しだ。

無断転載・複製を禁じます
2149901 0 大相撲 2021/06/23 18:14:00 2021/06/23 18:14:00 2021/06/23 18:14:00 ワクチン接種に姿を見せた大関朝乃山 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50087-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)