読売新聞オンライン

メニュー

照ノ富士の横綱昇進確実、19日の横審に諮問…双葉山らに並ぶ大関2場所スピード通過

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

照ノ富士
照ノ富士

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は、19日に開かれる横綱審議委員会に照ノ富士の横綱昇進を諮問することを決めた。

 昇進問題を預かる審判部はこれに先立ち、昇進を審議する臨時理事会の開催を理事長に要請し、了承された。臨時理事会は21日に開催され、昇進が正式に決定する。照ノ富士は関脇だった春場所で優勝したのに続き、大関復帰の先場所も12勝3敗で優勝。今場所は3連覇は逃したが、14勝1敗の好成績だった。「2場所連続優勝またはそれに準ずる好成績」とする横審の横綱推薦内規も満たした。昇進が決まれば、双葉山らに並ぶ大関2場所通過のスピード昇進となる。

 師匠でもある伊勢ヶ浜審判部長(元横綱旭富士)は「落ち着いて相撲を取った。慎重な感じもしたけど、その中で勝ち星を挙げていったのが良かった」と話した。

無断転載・複製を禁じます
2216298 0 大相撲 2021/07/18 17:54:00 2021/07/18 21:01:32 2021/07/18 21:01:32 大相撲・夏場所千秋楽。2場所連続4度目の優勝を果たした照ノ富士。優勝決定戦を制した。両国国技館で。2021年5月24日朝刊「照ノ富士 連覇 決定戦制す」に顔写真として掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210718-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)