読売新聞オンライン

メニュー

朝青龍は日本語で「白鵬おめでとう」ツイート、母国モンゴルからねぎらいの声

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【瀋陽=川瀬大介】大相撲名古屋場所で18日、長期休場明けのハンデを乗り越えて全勝優勝を収めた白鵬に、母国モンゴルからはねぎらいの声が相次いだ。

 白鵬と交流があるウランバートル在住のダワードルジ・ムンフズルさん(32)は、白鵬の「進退がかかる場所」とあって毎日祈るような気持ちだったが、「徐々に力強い相撲を取り戻す姿に安心した」という。日本に10年滞在し、在日モンゴル留学生会の活動に関わる。モンゴル出身力士の活躍は両国の交流につながると考えており、照ノ富士とともに「これからも活躍を」とエールを送った。

 元横綱の朝青龍もツイッターで「白鵬おめでとう」と日本語で投稿した。

 大相撲ファンで、ウランバートル在住のダムジン・ラクチャさん(81)も、「千秋楽の全勝対決は興奮した。白鵬はまだまだ活躍できる」と話した。

無断転載・複製を禁じます
2216434 0 大相撲 2021/07/18 20:16:00 2021/07/18 22:21:20 2021/07/18 22:21:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)