照ノ富士の横綱昇進が正式決定…「不動心を心掛け品格力量の向上に努めます」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

横綱昇進の伝達を受け、口上を述べる照ノ富士関(中央)と伊勢ヶ浜親方夫妻(21日午前、伊勢ヶ浜部屋で)=代表撮影
横綱昇進の伝達を受け、口上を述べる照ノ富士関(中央)と伊勢ヶ浜親方夫妻(21日午前、伊勢ヶ浜部屋で)=代表撮影

 日本相撲協会は21日、秋場所(9月12日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、大関照ノ富士(29)(本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ヶ浜部屋)の第73代横綱への昇進を正式に決めた。

照ノ富士
照ノ富士

 新横綱誕生は2017年初場所後の稀勢の里以来で、モンゴル出身5人目。令和になって初の新横綱となる。協会の使者が東京都江東区の伊勢ヶ浜部屋で満場一致での昇進を伝えると、照ノ富士は「謹んでお受けいたします。不動心を心掛け、横綱の品格、力量の向上に努めます」と口上を述べた。

 両膝のけがなどで大関から一度陥落し、序二段から出直しての昇進となる。大関陥落経験後に横綱昇進を果たすのは、昭和以降では1979年の三重ノ海以来2人目。関脇から横綱まで最短2場所での大関通過は、双葉山、照国と並ぶスピード記録となる。秋場所番付は白鵬とともに3場所ぶりに東西に両横綱が並ぶ。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2223323 0 大相撲 2021/07/21 09:09:00 2021/07/21 11:27:24 2021/07/21 11:27:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210721-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)