実業家・元朝青龍が県庁訪問「おいしい物輸入したい」、知事「今は目が優しくなった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大相撲の元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジさん(40)が佐賀県庁を訪れ、山口知事と面会した。

山口知事(左)と面会したダグワドルジさん
山口知事(左)と面会したダグワドルジさん

 県によると、ダグワドルジさんは現在、モンゴルを拠点に実業家として活動している。事業の一環で、九州や県産の肉、コメ、果物などをモンゴルに輸入したいと考え、10日、県内の会社関係者らとともに山口知事を訪ねた。

 ダグワドルジさんは「モンゴルは日本と比べ、経済的に遅れている。おいしい物があれば、ぜひ輸入したい」とあいさつ。さらに、厳しい勝負の世界に身を置いた力士時代を振り返り、「引退して笑顔が出るようになった」と話した。山口知事は「(現役時は)自分で切り開く力がすごかった。今は目が優しくなった」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2360706 0 大相撲 2021/09/12 17:07:00 2021/09/12 17:56:03 2021/09/12 17:56:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210912-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)