読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

照ノ富士、2場所ぶり5度目V…新横綱の優勝は稀勢の里以来

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大相撲秋場所は26日、東京・両国国技館で千秋楽を迎え、新横綱の照ノ富士(29)(伊勢ヶ浜部屋)が、13勝2敗で2場所ぶり5度目の優勝を果たした。

正代(左)を寄り切りで下した照ノ富士(26日)=小林武仁撮影
正代(左)を寄り切りで下した照ノ富士(26日)=小林武仁撮影

 照ノ富士を星一つの差で追っていた平幕の妙義龍が関脇明生に肩透かしで敗れて4敗となり、自身の取組前に賜杯獲得が決定した。照ノ富士は結びの一番で大関正代を万全の寄りで下した。

明生(左)に肩透かしで敗れた妙義龍(26日)=小林武仁撮影
明生(左)に肩透かしで敗れた妙義龍(26日)=小林武仁撮影

 新横綱の優勝は2017年春場所の稀勢の里以来、史上9人目で、1場所15日制定着後は5人目の快挙となった。

 正代と、関脇御嶽海に敗れた貴景勝の両大関は、ともに8勝止まり。御嶽海は9勝、明生は勝ち越した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2395514 0 大相撲 2021/09/26 17:18:00 2021/09/26 18:00:14 2021/09/26 18:00:14 正代(左)を寄り切りで下し13勝で優勝した照ノ富士(26日、両国国技館で)=小林武仁撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210926-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)