読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

照ノ富士「一生懸命やるだけだった」…新横綱の重圧「感じてもしょうがない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 26日に両国国技館で行われた大相撲秋場所千秋楽で、新横綱の照ノ富士が2場所ぶり5度目の優勝を飾った。取組前にただ一人、星の差一つで追っていた平幕の妙義龍が敗れて賜杯獲得が決まっていたが、結びでは横綱相撲で大関正代に完勝。13勝2敗とした。

新横綱で優勝し、八角理事長(手前)から賜杯を受ける照ノ富士(26日、両国国技館で)=園田寛志郎撮影
新横綱で優勝し、八角理事長(手前)から賜杯を受ける照ノ富士(26日、両国国技館で)=園田寛志郎撮影

 賜杯を受け取った後の土俵下でのインタビュー。まず館内の四方に丁寧にお辞儀をした照ノ富士は「一生懸命、やってよかったと思う」とほっとした様子を見せた。

 新横綱の重圧については「そういうのを感じてもしょうがないので、その日の一番に全力をかけて、一生懸命やっている姿を見せればいいかなと思ってっていました」と平常心を強調。この日の土俵についても「さっき言った通り、一生懸命やるだけだった」と笑顔を見せながら答えた。

 新横綱としての15日間を問われると「あんまり考えても仕方ない。土俵に上がれば一生懸命やるだけ。土俵の上で頑張っている姿を見せるのがお相撲さんの仕事かなと思ってやっていました」と土俵上と同様に、落ち着いて話した。

 横綱土俵入りについては「うまくできたかな、と不安もあります」と言い、豪快で皆さん喜んでいると言われると「よかったです」と顔をほころばせた。

 今年はこれが3回目の優勝で、早くも年間最多勝も決めている。「自分一人だけでは、こんなに活躍できない。親方、おかみさんはじめ、後援者のみなさん、家族、ここに足を運んで下さる皆さんのおかげでここに立っていることをありがたいと思い、来場所にも臨みたい」と述べると新横綱に大きな拍手が送られた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2395556 0 大相撲 2021/09/26 18:20:00 2021/09/26 21:19:12 2021/09/26 21:19:12 優勝を決め、八角理事長(手前)から天皇賜杯を受ける照ノ富士(26日、両国国技館で)=園田寛志郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210926-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)