読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

薬物・コロナ・SNSへの対応、力士や親方が集まり研修…「意識もって行動して」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本相撲協会は16日、力士、親方ら協会員を対象に、薬物や新型コロナウイルス、SNSへの対応に関する研修会を両国国技館で行った。

全協会員を集めて国技館で開催された研修会=日本相撲協会提供
全協会員を集めて国技館で開催された研修会=日本相撲協会提供

 研修会は元力士が大麻使用を認めて解雇された事案などを受けて実施。警視庁組織犯罪対策部の宮内奈穂警部補が「禁止薬物の恐怖について」と題して講義したほか、弁護士の貞弘賢太郎氏は「SNSの危険性」のテーマで注意喚起。今後のコロナ対策については東大医科学研究所付属病院の四柳宏院長が説明した。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)は代表取材に対し、禁止薬物がインターネットで容易に入手できる現状も踏まえ、「組織に傷をつけることのないよう、(協会員)一人ひとりが意識をもって行動してほしい」と研修の狙いを説明した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2448549 0 大相撲 2021/10/16 20:50:00 2021/10/16 20:50:00 2021/10/16 20:50:00 全協会員を集めて開催された相撲協会の研修会=日本相撲協会提供(東京・両国国技館で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211016-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)