照ノ富士が一人横綱、高安と朝乃山は平幕転落…2年ぶり開催の九州場所番付

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

照ノ富士
照ノ富士

 大相撲九州場所(14日初日・福岡国際センター)の番付が1日、日本相撲協会から発表された。白鵬が秋場所後に引退し、新横綱で優勝した照ノ富士が番付の上でも一人横綱となり、初めて東の正位に就いた。

 大関は東が正代、西が貴景勝で先場所と変わらず。モンゴル出身の霧馬山は新小結に昇進した。高安と出場停止中の朝乃山はともに三役から平幕へ転落した。新入幕はおらず、再入幕は4人。出場停止処分で一時幕下まで落ちた阿炎は、7場所ぶりに幕内へ復帰。天空海、佐田の海、松鳳山も幕内に返り咲いた。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で「11月場所」として東京で開催されたため、福岡での九州場所の開催は2年ぶりとなる。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2486249 0 大相撲 2021/11/01 07:02:00 2021/11/01 12:22:52 2021/11/01 12:22:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211101-OYT1I50088-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)