6度目Vの照ノ富士「2桁優勝目指す」、原動力は「やり遂げた後の気持ち良さ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大相撲九州場所で、1962年初場所の大鵬以来となる新横綱から2場所連続優勝を果たした横綱照ノ富士(30)(伊勢ヶ浜部屋)が千秋楽から一夜明けた29日、オンラインで記者会見し、「一生懸命積み重ねてきたことが報われている」と喜びを語った。

大相撲九州場所で全勝優勝を果たし、千秋楽一夜明けのオンライン会見に応じる照ノ富士
大相撲九州場所で全勝優勝を果たし、千秋楽一夜明けのオンライン会見に応じる照ノ富士

 白鵬が引退して間垣親方となり、名実ともに一人横綱となった九州場所では、自身初の15戦全勝で6度目の賜杯に花を添えた。1年間で4度の優勝となり、「最近はずっと優勝を争い、勝ち癖がついている。やり遂げた後の気持ち良さを味わいたい」と、原動力を明かした。

 29日に30歳の誕生日を迎え、電話やメールなどで祝福を受けた。来年に向け、「目標を高く持って、2桁優勝を目指して頑張っていきたい」と決意を述べた。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2556198 0 大相撲 2021/11/29 11:32:00 2021/11/29 11:55:52 2021/11/29 11:55:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211129-OYT1I50062-T-e1638154548982.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)