読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

来年の春場所、大阪で有観客開催へ…観客数上限は定員の約75%に緩和

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本相撲協会は2日、理事会を開き、来年春場所(3月13日初日・大阪府立体育会館=エディオンアリーナ大阪)を有観客で行う方針を決定した。新型コロナウイルスの影響で昨年春場所は大阪で無観客開催、今年は東京での開催に変更されており、大阪で観客を入れての開催となれば3年ぶり。今年は名古屋場所、九州場所も開かれており、地方場所はすべて再開される。

新型コロナの影響で東京開催となった今年の春場所
新型コロナの影響で東京開催となった今年の春場所

 1日の観客数上限は定員の約75%に緩和し、芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、1日あたり約5000~5500人となる見通し。4人用升席を2人用とする方針は変わらないが、土俵下の「 たまり 席」やイス席は全席を使う。館内での飲食など詳細な運営方式は来年1月上旬までに決定する。1月の初場所(両国国技館)については従来通り、観客数の上限を定員の約50%に制限して実施する。

 また、相撲協会は新型コロナウイルス対応指針の一部改訂も発表した。協会員へのワクチン接種の推進を掲げたほか、「ワクチン・検査パッケージ」制度を活用した観客動員の検討も盛り込んだ。感染対策の緩和については、政府・自治体の方針や専門家の見解を尊重するとした。

 現在、相撲協会は協会員への行動制限を条件付きで12日まで解除しているが、新変異株「オミクロン株」が国内でも確認されたことを受け、広報部長は「万が一、感染状況が悪くなった場合は、協会独自の行動規制をまた行うかもしれない」と説明した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2565864 0 大相撲 2021/12/02 20:17:00 2021/12/02 21:03:02 2021/12/02 21:03:02 空席が目立つ大相撲春場所2日目(15日、両国国技館で)=多田貫司撮影空席が目立つ大相撲春場所2日目(15日、両国国技館で)=多田貫司撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211202-OYT1I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)