関脇御嶽海、大関昇進が確実に…26日に正式決定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は23日、初場所で3度目の優勝を果たした関脇御嶽海(29)(長野県出身、出羽海部屋)の大関昇進を諮る臨時理事会を開催する意向を明らかにした。御嶽海の大関昇進が確実となった。26日に開かれる春場所番付編成会議などを経て、正式に決まる。

本割で優勝を決め、懸賞を受け取る御嶽海関(23日、両国国技館で)=園田寛志郎撮影
本割で優勝を決め、懸賞を受け取る御嶽海関(23日、両国国技館で)=園田寛志郎撮影

 御嶽海は昨年秋場所以降、いずれも関脇で9勝、11勝、13勝を挙げ、大関昇進の目安となる「三役で3場所33勝」をクリアした。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2697323 0 大相撲 2022/01/23 17:35:00 2022/01/24 05:41:03 2022/01/24 05:41:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220123-OYT1I50039-T-e1642970459801.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)