大関確実にした御嶽海「皆さん、注目して見て下さい」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 23日に行われた大相撲初場所千秋楽で、3度目の優勝を果たした関脇御嶽海。恒例の表彰式でのインタビューでは、大関昇進を確実にしたことに話が及ぶと、言葉に詰まる場面も。長く大関候補とされながら、ムラのある相撲で期待に応えられなかった29歳が、感極まった表情を見せた。

初場所で優勝し、インタビューで笑顔を見せる御嶽海関(23日午後、両国国技館で)=小林武仁撮影
初場所で優勝し、インタビューで笑顔を見せる御嶽海関(23日午後、両国国技館で)=小林武仁撮影

 今場所について「長かった。勝っている時はいつも短いなと思うが、今場所は長く感じた。いやあ、精神的に持つかなと思った」と振り返った。重圧も大きかったようだが、「でも、すごい楽しめた。後半の方がいい相撲を取れたのかなと思います」と笑顔を見せた。

 その表情が一変したのが、大関昇進を諮る臨時理事会の招集が決まったことを尋ねられた時。こみ上げるものを必死に抑えて「なかなか経験できることではないので、うれしいです」と言葉を絞り出した。初優勝が2018年の名古屋場所。三役常連ながら殻を破れずにいた「万年大関候補」は期待に応えきれなかった期間について、「長かったです」と、語った。

 次の春場所は新大関として臨むことになる。「皆さん、注目して見て下さい」。最後は、御嶽海らしい、不敵な笑みを見せた。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2697373 0 大相撲 2022/01/23 18:25:00 2022/01/23 23:01:42 2022/01/23 23:01:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220123-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)