紺野美沙子・横審新委員が照ノ富士Vを称賛…「万全でない中で横綱の責務果たした」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大相撲夏場所後の横綱審議委員会が23日、両国国技館で開かれ、新たに就任した女性委員2人が初めて定例会合に出席した。

横綱審議委員会の定例会合に参加した紺野委員=日本相撲協会提供
横綱審議委員会の定例会合に参加した紺野委員=日本相撲協会提供

 代表取材に応じた紺野美沙子委員は「大相撲がますます盛り上がるよう力添えできたら」と抱負を述べ、優勝した照ノ富士については「休場明けで体調が万全でない中、横綱の責務を果たした」と称賛した。不振の大関陣について聞かれた池坊保子委員は、会合での各委員の意見を紹介し、「大関は横綱の予備軍なんだから、正直言ってお粗末。もっと頑張らなければいけない」と苦言を呈した。

 照ノ富士については、各委員から評価の声が続出したといい、高村正彦委員長は「膝が快方に向かうことはないだろうけど、少しでも長く横綱にふさわしい成績を残していただきたい」と期待した。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3024622 0 大相撲 2022/05/23 21:18:00 2022/05/23 21:18:00 2022/05/23 21:18:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220523-OYT1I50139-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)