元関脇豊ノ島の断髪式、ダウンタウン浜田雅功さんも…「相手から一度も逃げなかった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

断髪式で浜田雅功さん(右端)にはさみを入れてもらう元豊ノ島の井筒親方(28日、両国国技館で)=代表撮影
断髪式で浜田雅功さん(右端)にはさみを入れてもらう元豊ノ島の井筒親方(28日、両国国技館で)=代表撮影

 2020年4月に現役を引退した元関脇豊ノ島(38)(高知県出身、時津風部屋)の引退、年寄「井筒」襲名披露大相撲が28日、両国国技館で行われた。断髪式では、ライバルだった元横綱稀勢の里の二所ノ関親方、元大関琴奨菊の秀ノ山親方のほか、お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功さんらもはさみを入れ、最後に師匠の時津風親方(元幕内土佐豊)が止めばさみを入れた。

 身長1メートル68の小兵ながらもろ差しを武器に活躍。2010年九州場所、全盛期の白鵬(現間垣親方)との優勝決定戦で敗れ、幕内優勝はなかったが、三賞は10度。「現役時代、相手から一度も逃げることはなかった。それが相撲人生の一番の誇り」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3038417 0 大相撲 2022/05/28 19:43:00 2022/05/28 19:43:00 2022/05/28 19:43:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220528-OYT1I50117-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)