現在位置は です

本文です

日本、ブラジルに逆転勝ち5—3…WBC初戦

1回一死三塁、レジナットに先制打を浴びた田中(後ろは生還した三走オルランド)=大久保忠司撮影
3回1死1、2塁、糸井が同点のタイムリーを放つ=大久保忠司撮影
4回1死1、3塁、坂本が犠飛=大原一郎撮影
4回1死2塁、同点を許した杉内(右は相川)=大原一郎撮影
8回1死満塁、阿部の内野ゴロで勝ち越す=大久保忠司撮影

 野球の世界一を争う第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が2日開幕した。日本は1次ラウンドの初戦でブラジルと対戦、5—3で逆転勝ちし、白星スタートを切った。

 【経過】

 3連覇を目指す日本は田中(楽天)、ブラジルはフェルナンデス(ヤクルト)が先発。

 ブラジルは初回、一死三塁から、適時打で1点を先制した。

 日本は三回、一死一、二塁から糸井(オリックス)の右前打で同点に追い付いた。さらに四回、一死一、三塁から坂本(巨人)の犠飛で1点を勝ち越した。

 ブラジルは四回、日本の2番手・杉内(巨人)を攻め、一死二塁から中前打で同点に追い付いた。

 日本は五回から杉内に代わり、摂津(ソフトバンク)がマウンドへ上がった。

 ブラジルは五回、二死二塁から左中間を破る二塁打で勝ち越した。

 日本は八回、代打・井端(中日)が一死二塁から右前打を放ち、同点。さらに一死満塁となって代打・阿部(巨人)の内野ゴロの間に勝ち越し。松田(ソフトバンク)の中前打でさらに1点を加えた。

 日本は八回、摂津に代わり、能見(阪神)が登板。九回に牧田(西武)へと継投し、無失点に抑えた。

2013年3月2日22時31分  読売新聞)


現在位置は です


今週のPICK UP

PR

国内線 空席照会・予約はこちらから ANA
出発空港 到着空港
搭乗日 出発時刻
搭乗クラス