現在位置は です

本文です

日本、1組1位で決勝ラウンドへ…オランダ下す

1回、シモンズに先頭打者本塁打を浴びた大隣=大久保忠司撮影
2回、阿部が同点本塁打を放つ=大久保忠司撮影
8回2死2、3塁、長野が2点適時打を放つ=大久保忠司撮影

 野球の国・地域別対抗戦、第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の東京2次ラウンド(読売新聞社など主催)は12日、東京ドームで1組の1位決定戦が行われ、日本が10—6でオランダを破った。

 ともに、4チームによるトーナメントで争う決勝ラウンド(米サンフランシスコ)進出はすでに決めている。この日の1位決定戦に勝った日本は2次ラウンドを1位通過し、決勝ラウンド準決勝は17日(日本時間18日)に行うことが決まった。敗れたオランダの準決勝は18日(同19日)。決勝は19日(同20日)に行われる。

 【経過】

 試合は日本が序盤に大量点を奪い、粘るオランダが追い上げる展開となった。

 先発は日本が大隣(ソフトバンク)、オランダがベルクマン。

 初回、大隣は先頭のシモンズに左翼への先頭打者本塁打を浴びた。その後は3者連続三振を奪った。後攻の日本は三者凡退で無得点。

 二回、大隣は二死から四球で走者を出したが、後続を抑えた。日本は阿部(巨人)が右翼に豪快な同点ソロを放り込んだ。さらに松田(ソフトバンク)が中前適時打、長野(巨人)も満塁の走者を一掃する適時二塁打を放って加点。オランダは2番手のイセニアが登板。

 日本は阿部がこの回2本目の本塁打となる3ランを右翼席に運んだ。

 三回はオランダ、日本ともに無得点だった。

 日本は四回から沢村(巨人)が2番手で登板。二死から安打で走者を出したが、無失点で切り抜けた。日本はその裏、無得点。

 日本は五回から田中(楽天)が3番手で登板。安定した投球でこの回を三者凡退に抑えた。日本はその裏、無得点。

 日本は六回、今村(広島)が4番手で登板。四球で走者を出したが得点を許さなかった。日本の攻撃も無得点だった。

 日本は七回、左腕の森福(ソフトバンク)が5番手で登板。オランダは犠飛などで2点を返した。

 八回、日本の6番手は左腕の山口(巨人)。サムスの適時打などで2点を返され、7番手の涌井(西武)にスイッチした。だが、オランダの勢いは止まらず、涌井は連打を浴び、さらに1点を失った。日本は二死二、三塁から長野の左前打で2点を加えた。

 九回、日本は牧田(西武)が抑えて逃げ切った。

          ◇

 日本の先発オーダーは以下の通り。

 1番・中堅 長野(巨人)

 2番・二塁 松井(楽天)

 3番・遊撃 井端(中日)

 4番・指名打者 阿部(巨人)

 5番・右翼 糸井(オリックス)

 6番・一塁 中田(日本ハム)

 7番・左翼 角中(ロッテ)

 8番・捕手 炭谷(西武)

 9番・三塁 松田(ソフトバンク)

2013年3月12日22時39分  読売新聞)


現在位置は です


今週のPICK UP

PR

国内線 空席照会・予約はこちらから ANA
出発空港 到着空港
搭乗日 出発時刻
搭乗クラス