羽生結弦が109・34点でSP首位…紀平梨花は2位

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男子SPで首位発進した羽生結弦(22日)=若杉和希撮影
男子SPで首位発進した羽生結弦(22日)=若杉和希撮影
女子SPで2位発進した紀平梨花 (22日)=若杉和希撮影
女子SPで2位発進した紀平梨花 (22日)=若杉和希撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は22日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕し、男子ショートプログラム(SP)は羽生結弦(ANA)が109・34点で首位発進した。島田高志郎(木下ク)は6位、山本草太(中京大)は7位。女子SPは紀平梨花(関大ク)が79・89点で2位となり、山下真瑚(愛知・中京大中京高)は5位、横井ゆは菜(中京大)は8位。アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が世界最高得点の85・04点で首位に立ち、アリーナ・ザギトワ(同)は4位。ペアSPの三浦璃来りく、木原龍一組(木下ク)は6位。フリーは23日に行われる。

無断転載禁止
913491 0 ウインタースポーツ 2019/11/22 21:48:00 2019/11/22 21:48:00 2019/11/22 21:48:00 フィギュアスケートNHK杯 男子SPで首位発進した羽生結弦(22日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナで)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191122-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ