全日本フィギュア、宇野昌磨が逆転で4連覇…羽生結弦は2位

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男子フリーで演技する宇野昌磨(22日)=若杉和希撮影
男子フリーで演技する宇野昌磨(22日)=若杉和希撮影

 フィギュアスケートの全日本選手権は22日、東京・代々木体育館で行われ、男子で宇野昌磨(22)(トヨタ自動車)が4連覇を達成した。ショートプログラム(SP)2位の宇野はフリーで184・86点の1位となり、合計290・57点で逆転優勝した。4年ぶりに出場したSP首位の羽生結弦(25)(ANA)はミスが相次いでフリー3位にとどまり、合計282・77点の2位だった。来年からアイスダンスに転向し、これがシングル最後の大会となった高橋大輔(33)(関大ク)は204・31点で12位だった。

写真特集はこちら

無断転載禁止
965635 0 ウインタースポーツ 2019/12/22 21:34:00 2019/12/22 23:45:46 2019/12/22 23:45:46 フィギュアスケート全日本選手権 男子フリーで演技する宇野昌磨(22日東京・代々木体育館で)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191222-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ