2030年以降の冬季五輪、招致候補に札幌など3都市

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ローザンヌ(スイス西部)=杉野謙太郎】国際オリンピック委員会(IOC)の将来開催地冬季委員会のオクタビアン・モラリュー委員長(ルーマニア)は10日、2030年以降の冬季五輪の招致候補として、札幌市、ソルトレークシティー(米)、バルセロナ(スペイン)と対話を進めていることをIOC総会で報告した。

 総会では、24年冬季ユース五輪の開催地に、唯一の候補として提案された韓国・江原道カンウォンドを賛成多数で承認した。江原道では18年平昌ピョンチャン冬季五輪・パラリンピックが開催された。

無断転載・複製を禁じます
994790 0 ウインタースポーツ 2020/01/10 21:23:00 2020/01/10 21:37:21 2020/01/10 21:37:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ