カーリング本橋、育成チームで公式戦出場「もう一度日本選手権を目指す」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 平昌ピョンチャン五輪のカーリング女子で銅メダルを獲得したロコ・ソラーレが19日、2020~21年シーズンへ向けオンラインで記者会見を開いた。スキップの藤沢五月は日本代表として臨む今年11月のパシフィック・アジア選手権(北海道稚内市)を目標に掲げ、「予定が変わることも予想されるが、チームとして前向きに取り組みたい」と意気込みを語った。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年3月にカナダで予定された世界選手権は中止。新シーズンへ向け、14日から氷上練習を開始した。例年9月にカナダ遠征で実戦を積むが、今年は日本カーリング協会が10月末まで海外渡航を禁止しており、国内で調整を続ける。サードの吉田知那美は「国内でどれだけ成長できるか挑戦したい」と語った。

 また、18年6月から休養し、チームの代表理事を務める本橋麻里が、育成チームのスキップとして公式戦に出場することも発表された。本橋は「チームの中から強化していく。もう一度、日本選手権出場を目指す」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1351944 0 ウインタースポーツ 2020/07/19 18:17:00 2020/07/19 18:33:21 2020/07/19 18:33:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ