メドベージェワ、五輪後に離れた名コーチに再び師事…拠点をカナダからロシアへ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人】ロシア・フィギュアスケート連盟は16日、2018年平昌ピョンチャン五輪女子銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(20)が活動拠点をロシアに移し、名コーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏に再び師事すると発表した。

 メドベージェワはトゥトベリーゼ氏と長年、師弟関係にあったが、平昌五輪後にたもとを分かち、カナダに渡り、男子で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)のコーチを務めるブライアン・オーサー氏の指導を受けていた。

無断転載・複製を禁じます
1483654 0 ウインタースポーツ 2020/09/17 10:00:00 2020/09/17 10:00:00 2020/09/17 10:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ