スケート3競技の四大陸選手権が中止に…23年世界フィギュアは埼玉開催が暫定決定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=岡田浩幸】国際スケート連合(ISU)は16日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2021年のフィギュア、スピードスケート、ショートトラックの四大陸選手権をいずれも中止すると発表した。1~2月にそれぞれシドニー(豪)、カルガリー(カナダ)、ソルトレークシティー(米)で開催予定だった。

 また、23年のフィギュア世界選手権を埼玉で開催することを暫定的に決定した。日本スケート連盟は同年3月20~26日の日程で、さいたまスーパーアリーナを開催地として立候補を表明していた。

無断転載・複製を禁じます
1555456 0 ウインタースポーツ 2020/10/17 10:48:00 2020/10/17 10:48:00 2020/10/17 10:48:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ