読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

坂本花織と鍵山優真がSP首位…村元・高橋組が公式戦デビュー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

アイスダンスのリズムダンスで演技をする村元哉中・高橋大輔組(27日)=代表撮影
アイスダンスのリズムダンスで演技をする村元哉中・高橋大輔組(27日)=代表撮影
女子SPの演技を終え、笑顔の坂本花織(27日)=代表撮影
女子SPの演技を終え、笑顔の坂本花織(27日)=代表撮影

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯第1日(27日・大阪東和薬品ラクタブドーム)――女子ショートプログラム(SP)は、坂本花織(シスメックス)が75・60点で首位発進した。男子SPは、GPシリーズ初出場の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)が87・26点で首位。アイスダンスのリズムダンス(RD)は、公式戦デビューとなった村元哉中かな、高橋大輔組(関大ク)が3組中2位に入った。首位は小松原美里、コレト・ティム組(倉敷ク)。新型コロナウイルスの影響で出場は主に日本選手に限定され、得点も国際スケート連合(ISU)非公認となる。

無断転載・複製を禁じます
1658853 0 ウインタースポーツ 2020/11/27 20:54:00 2020/11/27 22:45:18 2020/11/27 22:45:18 【サンスポ代表19 フィギュアスケートNHK杯】 アイスダンスリズムダンス 演技をする村元哉中・高橋大輔組=27日、東和薬品RACTABドーム(代表撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201127-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)