読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

羽生結弦、まさかの3位…「すごく疲れた」「自分らしくないジャンプ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 フィギュアスケートの世界選手権は27日、ストックホルムで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は182・20点でフリー4位にとどまり、合計289・18点で3位に終わった。SP2位の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)がフリー2位で291・77点とし、初出場で2位に入った。フリー1位のネーサン・チェン(米)がSP3位から逆転し、320・88点で3連覇を達成。宇野昌磨(トヨタ自動車)は277・44点で4位だった。

鍵山にも逆転許す大崩れ

3位に終わった羽生結弦のフリー(27日)=若杉和希撮影
3位に終わった羽生結弦のフリー(27日)=若杉和希撮影

 目の前にあったはずの頂点が、消え去った。フリーの演技を終えた羽生の表情がゆがんだ。平昌ピョンチャン五輪で勝って以降、2連敗中のチェンに30点以上の差で敗れた。鍵山にも逆転を許す大崩れに、「すごく疲れた。全然、自分らしくないジャンプが続いた」と声を絞り出した。

 チェン、鍵山と好演が続いた後の最終滑走。冒頭の4回転ループは着氷で片手をついた。続く4回転サルコーも着氷で大きくバランスを崩した上に、再び片手をつくミス。「一気にバランスが崩れていった」と振り返る通り、集中の糸が切れたような跳躍が続いた。得意のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)にも2本ともミスが出て、連続ジャンプにできなかった。

 上杉謙信の半生を描いた大河ドラマ「天と地と」の楽曲に乗せ、「戦いに対する美学」を表現しようと臨んだ。羽生の「美学」とは、完成度の高いジャンプで、芸術としてのプログラムを演じることだった。決意とは裏腹な演技に、「練習でもあまりなかったパターン。最後まで平衡感覚を取りきれなかった」と落胆を隠せなかった。

 「またベストを尽くして、五輪が来ることを心待ちにしたい」。衝撃的な敗戦を、五輪シーズンに向かう原動力にしたい。(小沢理貴)

スライドショーはこちら

無断転載・複製を禁じます
1942616 0 ウインタースポーツ 2021/03/28 01:17:00 2021/03/28 15:00:57 2021/03/28 15:00:57 フィギュアスケート世界選手権 男子フリーで演技する羽生結弦(27日、ストックホルムで)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210328-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)