村元哉中・高橋大輔組が銀メダル…四大陸選手権で日本勢の過去最高

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

フィギュア四大陸選手権で2位に入った村元哉中、高橋大輔組のフリーの演技=AP
フィギュア四大陸選手権で2位に入った村元哉中、高橋大輔組のフリーの演技=AP

 フィギュアスケートの四大陸選手権は21日、エストニアのタリンでアイスダンスのフリーが行われ、村元 哉中かな 、高橋大輔組(関大ク)が109・48点でリズムダンスに続いて2位となり、合計181・91点で銀メダルを獲得した。2018年の村元、クリス・リード組の3位を上回り、同大会での日本勢最高成績となった。キャロライン・グリーン、マイケル・パーソンズ組(米)が200・59点で優勝した。

フィギュア四大陸選手権で2位に入った村元哉中、高橋大輔組=ロイター
フィギュア四大陸選手権で2位に入った村元哉中、高橋大輔組=ロイター
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2694535 0 ウインタースポーツ 2022/01/22 11:12:00 2022/01/23 01:58:44 2022/01/23 01:58:44 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220122-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)