三原舞依、四大陸フィギュアV…女子は6大会連続で日本勢制す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 フィギュアスケートの四大陸選手権は22日、エストニアのタリンで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三原舞依(シスメックス)が145・41点で1位となり、合計218・03点で2017年大会以来、2度目の優勝を果たした。三原はSP、フリー、合計のいずれも自己ベストを更新。女子は6大会連続で日本勢が制した。

優勝した三原舞依のフリーの演技(AP)
優勝した三原舞依のフリーの演技(AP)

 SP8位の松生理乃(愛知・中京大中京高)は合計202・21点で5位。SP12位の横井ゆは菜(中京大)は合計185・34点で7位だった。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2696002 0 ウインタースポーツ 2022/01/22 23:19:00 2022/01/23 08:56:17 2022/01/23 08:56:17 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220122-OYT1I50164-T-e1642895774670.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)