ロコ・ソラーレ白星発進、藤沢五月「めちゃくちゃいい試合できた」…日本選手権

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ショットを打つロコ・ソラーレの藤沢(中央) (C)JCA
ショットを打つロコ・ソラーレの藤沢(中央) (C)JCA

 カーリングの日本選手権は22日に北海道北見市で予選リーグが始まり、北京五輪銀メダルのロコ・ソラーレが初戦で中部電力を7―4で破って白星スタートを飾った。

 4月の国際大会出場があったが、国内では五輪以降、初めての大会。今季世界選手権代表の中部電力との初戦は、両チームとも持ち時間をほぼ使い切る熱戦となった。

 ロコ・ソラーレは前半、氷の曲がりを読み切れずに苦戦したが、4―4の同点で迎えた第8エンドに相手のショットミスに乗じてこの試合始めてスチール(不利な先攻での得点)で勝ち越すと、以降の3連続スチールで押し切った。

前日記者会見で健闘を誓うロコ・ソラーレの藤沢(前列左から3人目)ら各チームの代表=(C)JCA
前日記者会見で健闘を誓うロコ・ソラーレの藤沢(前列左から3人目)ら各チームの代表=(C)JCA

 スキップの藤沢五月は「(初戦は)勝ち負けよりもアイスの情報を得ることが重要だったが、初戦にしてはめちゃくちゃいい試合ができた。いつもより滑るアイスだったが、相手にチャンスを作られたが我慢のショットでプレッシャーをかけることができた」と振り返った。

 会場のアドヴィックス常呂カーリングホールはチームの日ごろの練習拠点でもある。「無観客での開催になってしまったけれど、大好きな地元で戦えることがうれしい。今シーズンは多くの方に応援してもらったので、感謝の気持ちで、皆さんに楽しんでもらえる試合をしたい」と藤沢は大会に向けて抱負を語った。

 昨年は、現在のフォルティウスのメンバーを擁した北海道銀行に決勝で敗れた。長かった五輪シーズンを締めくくる最後の大会で、力強い「地の利」も味方に、王座奪還を目指す。

     ◇

 日本選手権には男女各9チームが出場し、上位4チームがプレーオフに進出する。決勝戦は29日に行われる。

(デジタル編集部)

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3020609 0 ウインタースポーツ 2022/05/22 12:55:00 2022/05/22 14:57:22 2022/05/22 14:57:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220522-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)