野球部監督の暴行動画、選抜出場決定後に投稿

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

  日本高野連は30日、松山聖陵(愛媛)の荷川取(にかどり)秀明監督(37)について、有期の謹慎とする処分案を日本学生野球協会審査室に上申することを決めた。野球部員の顔をつかむなどした映像が動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿されたことがわかったため。松山聖陵は今春の選抜大会(3月23日開幕)出場校だが、日本高野連はチームの出場には影響ないとしている。

 同校によると、動画は昨年9月頃に野球部の宿舎内で撮影され、今月25日に選抜出場が決まった後、投稿された。

 荷川取監督は指導を自粛しており、2月1日の日本学生野球協会審査室会議で処分が決定される。

無断転載禁止
415104 0 野球一般 2019/01/31 09:27:00 2019/01/31 20:13:58 2019/01/31 20:13:58

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ