韓国入国時は無地から一転、「日の丸」つきで移動…侍U18

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

日の丸がついた練習着で球場に移動する高校日本代表の選手たち(29日、韓国・機張で)=伊藤晋一郎撮影
日の丸がついた練習着で球場に移動する高校日本代表の選手たち(29日、韓国・機張で)=伊藤晋一郎撮影
28日は無地のポロシャツを着て韓国入りした=報知新聞社提供
28日は無地のポロシャツを着て韓国入りした=報知新聞社提供

 【機張キジャン(韓国)=伊藤晋一郎】韓国・機張で行われる野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯、30日開幕)に出場する高校日本代表が、悪化する日韓関係に配慮して韓国入りの際は無地のポロシャツを着用したが、29日からは現地で日の丸などがついた服装で移動することになった。広報などを担当する日本高校野球連盟には賛否両論の意見が電話などで寄せられていた。

 日本高野連の竹中雅彦事務局長によると、8月中旬に「現地で安全面の確認が必要」と判断。左胸に「JAPAN」のロゴ、背中側の襟に日の丸をつけたポロシャツを着る予定を変え、韓国入りの際は全面無地とした。入国後に混乱がないことから、29日は日の丸などがついた練習着で宿舎と球場を移動。今後も同様の対応を取る方針という。

 日韓関係に詳しい小此木政夫・慶大名誉教授(国際政治論)は「高野連が神経質になる気持ちも分かるが、やはり過剰な対応だ。日韓関係が複雑な状況だからこそ、スポーツや交流の分野では韓国の関係者も配慮しているはずだ」と指摘。ノンフィクション作家の佐山和夫さんは「日々、外交情勢は変化する。選手を預かる高野連の慎重な行動は理解できるし、対応が変わるのも仕方がない」と語った。

無断転載禁止
770362 0 野球一般 2019/08/30 09:16:00 2019/08/30 09:27:15 2019/08/30 09:27:15 日の丸のロゴが入った練習着姿で球場入りする日本代表の選手たち(29日、韓国・機張で)=伊藤晋一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190830-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ