U―18野球、日本が韓国に延長戦サヨナラ負け…佐々木は一回限りで降板

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)は6日、韓国・機張キジャンで2次リーグがあり、日本(B組1位)が韓国(A組1位)に延長戦でサヨナラ負けした。日本は七回に2点を先制したが、守備の乱れから追いつかれた。タイブレイクの延長十回は2点を勝ちこしたが、直後に3点を奪われた。先発の佐々木(岩手・大船渡)は一回限りで降板した。

無断転載禁止
783013 0 野球一般 2019/09/06 22:00:00 2019/09/06 22:00:00 2019/09/06 22:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ