作新学院高野球部、体調不良訴え7人救急搬送…昼食取らず練習

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 作新学院高校(宇都宮市)の硬式野球部員7人が1日の練習中に体調不良を訴え、救急搬送されていたことがわかった。同校は昼食を取らず練習をしていたことや、寒くなり水分補給が不足していたことが原因ではないかとみており、「今後は生徒の健康状態をチェックし、配慮した練習を行いたい」と話している。

 同校によると、搬送されたのは1年生4人と2年生3人。うち3人は一晩入院した。7人は脱水症状と低血糖と診断された。

 1日は午前9時から練習を始め、10時から引退した3年生との紅白戦があった。試合が終わった午後1時頃から約15分の休憩を挟んでインターバル走を行ったところ、生徒が体調不良を訴えたという。

無断転載禁止
944377 0 野球一般 2019/12/11 05:00:00 2019/12/18 06:27:17 2019/12/18 06:27:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ