東都大学野球、1年ぶりにリーグ戦…秋季1部開幕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東都大学野球(22日)――秋季1部リーグが開幕し、中大、立正大、国学院大が白星を挙げた。昨秋優勝の中大は三回、森下(2年・東海大相模)の適時二塁打で先制、継投で東洋大を零封した。立正大は糸川(4年・川之江)が2失点で完投し、九回一死満塁からの死球でサヨナラ勝ち。国学院大は八回、山本ダ(3年・大阪桐蔭)の2点適時打で逆転、継投で逃げ切った。

 春季は中止となり、約1年ぶりのリーグ戦開催。今季は2試合総当たりで各校が10試合を戦い、勝利数で順位を決定する。入れ替え戦は行わない。

無断転載・複製を禁じます
1494391 0 野球一般 2020/09/22 21:15:00 2020/09/22 21:15:00 2020/09/22 21:15:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ