イチローさん、女子高校選抜と対戦…17奪三振で完封・打席では無安打

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大リーグ・マリナーズなどで活躍したイチローさんが率いる草野球チームが18日、ほっともっとフィールド神戸で、女子硬式野球の高校選抜チームと対戦した。イチローさんは「9番・投手」で先発し、17奪三振の力投を見せ、試合後には女子選手たちの質問に応じた。

女子野球部にスポンサー
試合を終え、あいさつに並ぶイチローさん(右)(18日、神戸市須磨区で)=泉祥平撮影
試合を終え、あいさつに並ぶイチローさん(右)(18日、神戸市須磨区で)=泉祥平撮影

 全日本女子野球連盟などが技術指導を依頼して実現した。イチローさんは速球で次々と三振を奪い、八回にはマウンドで脚がつりながらも、9回147球で完封。打席では無安打に抑えられたものの、1―0の勝利の立役者となった。

 イチローさんは「女子の野球熱は男子に負けていない」と話し、試合後は走塁や守備のポイントなどを伝えていた。福知山成美高(京都)の神野百花捕手は「イチローさんはオーラがあった。技術や考え方を学べたので、今後に生かしたい」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2608457 0 野球一般 2021/12/18 21:39:00 2022/01/19 17:32:17 2022/01/19 17:32:17 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211218-OYT1I50110-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)