聖徳太子1400年御遠忌に向け「法隆寺の聖霊会」

[読者会員限定]
聖徳太子の遺徳をたたえる法隆寺(奈良県斑鳩町)の法要、聖霊会(しょうりょうえ)を紹介する「法隆寺の聖霊会」(法隆寺、読売新聞社主催)が16日、大阪市中央区のエル・おおさかで開かれ、約700人が参加した。2021年の聖徳太子1400年御遠忌(ごおんき)に向け、法隆寺と読売新聞社が進めるキャンペーンの一環。基調講演した大野玄妙・法隆寺管長が、聖霊会には、10年に1度の大会式(だいえしき)と、聖徳太子の命日にあたる3月22日に毎年営む小会式(しょうえしき)があることを説明し、「太子の教えである和の心があれば、この困難な時代も乗り越えられる」と結んだ。続いて、法隆寺の僧侶と雅楽団体「南都楽所(がくそ)」による声明(しょうみょう)、舞楽も披露され、参加者は横笛や琵琶の優雅な音色に聞き入った=大阪本社写真部 尾賀聡撮影 2019年2月16日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 7

日テレ・BS日テレ

特集

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ