現代の名工 黒木国昭作品展始まる…宮崎

国の「現代の名工」で、宮崎県綾町に工房を構えて30年になるガラス工芸作家、黒木国昭さん(73)の作品展が27日、宮崎市の百貨店「宮崎山形屋」で始まった。あんどんやびょうぶ、花器など約800点を展示している。31日まで。作品展は今年で43回目。工房開設30年を記念した新作オブジェ「照葉の森」は、綾町の照葉樹林や環境問題がテーマ。豊かな森をイメージし、クマタカの母鳥と餌をねだる2羽の雛を配した。江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」をモチーフにしたシリーズは10年かけて手がけており、今回完結した=宮崎支局 佐々木浩人撮影 2019年3月27日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 20

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ