沖縄生まれの「やっぱりステーキ」、中国・四国地方初出店 山口・防府

沖縄生まれのステーキチェーン店「やっぱりステーキ」の中国・四国地方での第1号店が13日、山口県防府市のイオンタウン防府にオープンした。同チェーンは、2015年から沖縄県内や九州を中心に出店し、今回で34店舗目。米国産の赤身肉を、溶岩石のプレートで焼き上げる。スープ、サラダ、ごはんは食べ放題で、肉のおかわり「替え肉」が人気という。メニューは、赤身ステーキ(200グラム)、イチボステーキ(150グラム)が各1000円(税込み)など。替え肉は100グラム500円(同)から=山口総局防府通信部 長野浩一撮影 2019年4月13日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 27

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ