平尾誠二を語る(6)平成きっての勝負師同士、羽生善治との「与えれば与えられる」絆

芝の上で楕円球を踊らせるラガーマンと、盤上で駒を操る棋士。平尾誠二と羽生善治は、それぞれの分野を代表する勝負師として、平成時代(1989年1月~2019年4月)に名を刻む。2人はかつて、戦いの場の違いを超えて交流し、刺激を与え合った。出会いは1991年4月、平尾が28歳、羽生は弱冠20歳だった。初対面の席上で、羽生は平尾にこんな意見を述べた。「与えれば、与えられるんです――。そんな話をしたことは、覚えています」 (文中敬称略、読売新聞オンライン・橋野薫、込山駿)

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 28

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ