神事芸能「花祭」…愛知・東栄町

奥三河地方に伝わる伝統民俗芸能「花祭」が9日、愛知県東栄町の小林、御園の両地区で始まった。700年以上の歴史がある国の重要無形民俗文化財で、五穀豊穣や無病息災を祈る。北設楽郡3町村14地区の保存会が毎年11月から1月にかけて行い、多くの地区では夜通しで舞が奉納される。小林地区ではこの日午前、神社の境内で舞が始まった。土間に設けられたかまどの周りを鬼などが笛と太鼓に合わせて舞うと、観衆は一斉にカメラを向けていた。過疎化による後継者不足は課題だが、同地区では以前から舞い始める時間を繰り上げて、早い時間に終えるようにするなど地域や担い手の負担が減るよう工夫している=中部写真グループ 佐藤俊和撮影 2019年11月11日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 69

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ