「令和の紅葉」 東福寺(京都市東山区)

秋の深まりとともに古都を彩る紅葉が、東福寺(京都市東山区)で見頃を迎えた。鎌倉時代に創建された古刹。上空約120メートルから周辺を俯瞰すると、色付きの異なる数種類のモミジ約2000本が広がり「錦の雲海」のように見える。今年6月の主要20か国・地域(G20)首脳会議の際には各国首脳の夫人らが初夏の青もみじに歓声を上げた。紅葉は今月末まで楽しめそうだが、同寺広報主事の明石碧洲(へきしゅう)さんは「散ったモミジの葉が、緑のコケの上に広がる12月の眺めもお勧めです」と教えてくれた。(19日、小型無人機で撮影)=大阪本社写真部 前田尚紀撮影 2019年11月21日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 69

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ