北陸大紀行「小説の舞台編」【7】「雪の花」

「雪の花」 吉村 昭・著(福井県南越前町など)歴史小説「雪の花」は、死病とされた天然痘の予防のため、種痘の普及に尽力した白翁の生涯を史実に忠実に描いた。「たとえわれ命死ぬとも死なましき人はし(死)なさぬ道ひらきせむ」。死なずに済む人を救う道を開く決意で、痘苗(ワクチン)を最短路で京都から運ぶ栃ノ木峠越えは、小説の山場でもある。

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 161
  3. 162
  4. 163
  5. 278

紙面連載企画

日本テレビ系列・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)