「2024年五輪を目標にするのもいい」ボクシング村田、高校生を激励

今夏の全国高校総体(インターハイ=読売新聞社共催)の中止を受け、全国高等学校体育連盟は26日、部活動に励む高校生を勇気づける「明日へのエールプロジェクト」を開始した。第1弾はアスリートらが自身の経験を踏まえてメッセージを送る「オンラインエール授業」で、初回の講師は、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者でロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太が務めた。「君たちの世代なら、2024年のオリンピックを目標にするのもいいんじゃないかな」。全国のボクシング部主将らを、現役チャンプが励ました=オンラインエール授業提供 2020年5月26日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 163

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ