コロナ禍の収束を願い、花火8発…宮城・岩沼

宮城県岩沼市の山間部にある花火会社「佐藤煙火」で1日夜、2・5号玉(直径7・5センチ・メートル)計8発が打ち上げられた。紫や銀色の花火や、光の点滅で月の満ち欠けを表現した変わり種の花火などが夜空を彩った。コロナ禍の収束を願い、各地で一斉に花火を打ち上げる「Cheer Up! 花火プロジェクト」の一環。同社専務取締役の佐藤晃朗さん(34)は「コロナで大変な中、頑張っている人を笑顔にしたいという思いで打ち上げた。今回は3密を防ぐために人がいない中だったが、みんなで花火を見られる日を楽しみにしています」と話した=東北総局 長沼美帆撮影 2020年6月1日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 130

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ