漁業センターのアイドルは「ねこ職員」…山口・下松市の施設

4月に改装オープンした山口県下松市の市栽培漁業センターで、5匹の猫が来場者の人気となっている。センターでは「ねこ職員」と呼び、新施設のシンボル的存在になることを期待している。雄2匹と雌3匹で、いずれもセンター中央管理棟の事務室で暮らしている。名前は雄2匹が「こつぶちゃん」「よんさま」、雌3匹が「にゃんと」「ひっきー」「ごとうさん」で、いずれも職員が名づけた。職員のパソコンのキーボードの上を我がもの顔で歩いたり、職員の膝の上でくつろいだりし、愛らしい姿で来館者を和ませている=山口総局 長野浩一撮影 2020年6月24日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 146
  3. 147
  4. 148
  5. 279

紙面連載企画

日本テレビ系列・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)